青森第一うとう幼稚園鼓笛隊|指揮者

指揮者

指揮者の練習風景

指揮者ーについて

指揮者って何?

鼓笛のはじまりや終わりの合図をしたり、指揮杖による演技をしたりします。

対象園児について

全体をまとめるような役割でもあるので、全体をよく観察することができる。自分の力で考えて判断する。集中力がある。忍耐力がある・・・などが必要です。 また、責任感がある。リズム感がある。手先が器用。姿勢がいい。元気。指揮者に興味があり、意欲がある子に実際にやってみてもらったりしながら、前記した点を考慮しながら決定します。

指導方法について

  • 姿勢、足上げ、ポーズなどの基本動作
  • 指揮杖を持って声を出したりなどの演技練習(おうちにも指揮杖を持ち帰り練習してもらいます)
  • 楽器と合わせる・立ち位置・移動など細かい点を覚えたり修正します。
  • 1対1で実際にやってみながら教え、手の位置など本人がコツを覚えるまで繰り返し行います。

その他指揮者の注意点など

練習を重ねていくうちに子どもが自分で考えたり実践しながらコツを掴んでいくので、見守り、良かった時成功した時は大いにほめたり一緒に喜び合いながら一つずつステップアップできるようにしています。 指揮杖は、回したり上に投げたり、当事者にも周囲にも危険になり得るものなので、決まりごとを作ったり使い方をよく確認しあうようにしています。

ページの先頭へskip